親子で幸せになる不登校セラピー
早川一平です。

 

お子さんにこんなことを言われたこと
はありませんか?

 

『お母さんなんて嫌いだー』

『僕(私)が〇〇○したから
 お母さんは僕(私)を嫌っているんだ』

どうして子供はそんなことを言って
しまうのでしょうか?

 

それはお母さんが大好きだから
なんですよね。

 

そんな大好きなお母さんに嫌われて
しまうかもしれない。

 

それは子供にとってとても辛いことなんです。

 

だから、自分からお母さんを嫌いになる
ことで自分の心を必死に守っているんです。

ですがこれは子供だけではなく、
僕たち大人も同じなんです。

 

対人関係の中で、
『僕、私はこんな人間だから嫌われている』
と思うことで自分を守っているんです。

 

嫌われることに理由を付けて自分の
心を守っているんです。

 

もし嫌われることに理由がなかったら?

 

それは存在自体を否定されることだから。

 

人は理由がある苦しみより、
理由がない苦しむに耐えられないんです。

 

だからもしお子さんからひどい言葉を
言われていまったときはこう一度こう
自分に問いかけてみてほしいんです。

 

『この子はどうなることを恐れているんだろう?』

そうすることで、言葉に隠れたお子さん
の本音を見つけることができるようになります。

親子で幸せになる不登校セラピー
早川一平

 

カウンセリングメニュー


不登校でお悩みのお母さんへ

⇒ https://kazuhei1990-hutoukou.com/happy/

ご質問などは、LINE@からお願いします。
LINE@友達追加はこちら
⇒ https://line.me/R/ti/p/%40dec2494n

Facebookグループ
愛知、三重、岐阜、
不登校の子をもつ親の居場所
⇒ https://www.facebook.com/groups/303903833812760/