080−6048−2717

(カウンセリングご希望の方は留守電にメッセージをお願い致します) :
営業時間 10:00〜21:00
【全国対応ZOOMカウンセリング】

不登校、子供を苦しめてしまう言葉とは?

癒されながら心の傷 毒親 トラウマ
を乗り越えられる
プライオリティ自分軸カウンセリング

心理カウンセラー 早川一平です。

 

ありがとうは一度死んでしまった
心に再び命の灯をともしてくれます。

 

不登校、ひきこもりになると
心はいつも一人になってしまう。

 

自分の存在が誰かの役に立って
いるなんて思えない。

 

心はどんどん死んでいってしまう。

周りに思う気持ちはいつも
ごめんなさいの気持ちばかり。

 

そんな心に再び命の灯をともす
言葉は、ありがとうです。

 

子供が不登校になると子供だけ
ではなく、親も辛いのです。

 

自分自身を責め、子供の気持ち
に気付けなかったことを悔やむでしょう。

 

不登校は子供だけではなく
親だって子供と同じくらいに
苦しみ、悲しみを抱えているのです。

子供は親を幸せにできない
自分を責めるでしょう。

 

親は子供を幸せにできない
自分を責めるでしょう。

 

沢山のごめんなさいの気持ち
を抱えていることでしょう。

 

ですが、お子さんにごめんなさい
と言われ続けたらどんな気持ち
になりますか?

 

胸が締め付けられ、こんな思い
をさせてしまっている自分自身を
責めて、またお子さんへのごめんね
の気持ちが増えてしまいませんか?

そんなときはこう言ってあげて
ください。

 

『今まで頑張ってくれてありがとう』

『ごめんね』ではなく『ありがとう』

 

明確な理由がない不登校や、
ひきこもりの理由があるのなら
それは日常生活の積み重ねです。

 

だからこそ、子供の気持ちを
理解してあげることが大切な
ことなのです。

 

『今まで気持ちを分かって
 あげられなくて、ごめんね』

だけでは、お子さんは心の余計
に苦しくなってしまう。

 

それだけでは、親のざんげです。

親のそんな顔をお子さんは望む
でしょうか?

 

余計に親をこんな気持ちにさせて
しまった自分を責めてしまうのでは
ないでしょうか?

 

だからこそこう言ってあげて
ください。

 

『今まで気持ちを分かって
 あげれなくて、ごめんね
 それなのに、今まで頑張って
 くれてありがとう』

 

子供が親のために頑張る、良い子
にしているのは、親への感謝の証です。

 

だからこそ色々頑張ってしまうのです。

大切なあなたのために、
この世で一番愛している
あなたのために。

だから親が言ってあげる言葉は
沢山のごめんなさいではないのです。

 

沢山のありがとうを言ってあげる
ことで、子供の心は再び命の灯を
輝かせることができるのです。

初回お試しカウンセリング詳細
↓  ↓  ↓
https://kazuhei1990-hutoukou.com/ac-do/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です