営業時間   : 10:00〜21:00
愛知県一宮市今伊勢町馬寄上町屋
名鉄 石刀駅より徒歩5分

不登校、子育てに劣等感を抱くお母さんへ

親子で幸せになる不登校セラピー
早川一平です。

 

 

不登校のお子さんをもつお母さんは、
こんなお悩みを抱いてしまうことが
多いんです。

 

『不登校になったのは私の子育て
 がだめだったんじゃないか?』

『私は子供を愛せているんだろうか?』

『私は子供を愛せない親なんじゃないか?』

『私はこの子を幸せにできているんだろうか?』

周りのお母さんと比べて私は・・・
とご自身を責めていませんか?

そんなお母さんに僕は言いたい。

 

子供を愛せないと悩む親に愛が
ないわけがないんです。

 

悩むのは本当にその子を
大切に思っているからです。

 

愛しているから悩み苦しむんです。

 

親であっても完璧ではない
一人の人なんです。

 

子供を私は完璧に愛せたと言える
親はどれくらいいるのでしょうか?

 

子供に優しくしたい、愛したい。

 

沢山試行錯誤して、悩み傷付いて
愛し方を親自身が学んでいくのだと
思うのです。

 

お母さんは何にも変わりません。

 

子育てに悩むどこにでも
いる普通のお母さんです。

 

子供を幸せにできる親だけ
が親なんじゃない。

子育てに悩む親も紛れもない
親なんです。

子育てはそれだけ大変なことでも
あるんです。

 

世界のある村では、子供一人を大人
6人がかりで育てる村がるのだそうです。

 

それを日本はほとんど一人でこなす
家庭もまだまだ沢山ありますよね。

 

本来子育てはそれだけ大変なものです。

 

それをほとんど一人でされている
お母さんは本当にすごいんですよ。

 

それでも、お母さんだって一人の
人ですよね?

 

子育てで悩むことも、お子さんの
不登校で悩むこともある。

 

そして自分を責めてしまうんです。

 

一番頑張っているもの、一番自分を
責めるのもお母さん自身なんです。

 

それは他人と比較するものでは、
決してありません。

 

むしろご自身をほめてあげて
ほしんです。

 

鏡を見ながら、
『私頑張ってるね、えらいね、すごいね』

そう自分自身に言ってあげてください。

そんな言葉を毎日まずは、自分自身に
かけてあげてください。

 

よくお子さんを褒めましょう
と言われます。

それは間違えではありません。

 

ですが、それと同じくらい大切なのは、
お母さん自身が自分自身を褒めること
でもあるんです。

 

まずは、自分自身が自分を褒めて
あげてほしいと思うんです。

親子で幸せになる不登校セラピー
早川一平

カウンセリング


謎の腹痛、体調不良による不登校でお悩みの親子の方へ

⇒ https://kazuhei1990-hutoukou.com/happy/

お問い合わせ、ご質問はこちらから
公式
LINE友達追加
⇒ https://line.me/R/ti/p/%40dec2494n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です