080−6048−2717

(カウンセリングご希望の方は留守電にメッセージをお願い致します) :
営業時間 10:00〜21:00
【全国対応ZOOMカウンセリング】

人を傷つけるのは人ですが、その傷を 癒してくれるのも人なんです。

癒されながら心の傷 毒親 トラウマ
を乗り越えられる
プライオリティ自分軸カウンセリング

心理カウンセラー 早川一平です。

 

ボクは中学2年から母のススメで、
フリースクールに通っていました。

 

そこでボランティアで来ていた方が、
こんなお話しをしてくれたんです。

 

『人を傷つけるのは人ですがその傷を
癒してくれるのもまた人なのです。』

 

 

この言葉は今でもボクの心に
深く残っている言葉なんです。

 

不登校の経験がなかったら
他人の優しさにいつも助けら
れているなんて気づけなかった。

 

不登校の経験がなかったら
優しさがどれほど大切で暖かい
ものなのかを知りもしなかった。

 

不登校の経験がなかったら人は
人の中で傷つき人の中で癒される
なんて気づかなかった。

 

不登校の経験がなかったら
当たり前のことなんてないんだ
とゆうことに気づかなかった。

 

人は傷ついた分だけ、優しくなれる。

人は傷ついた分だけ、暖かい人になれる。

 

人のなかで傷ついて人のなかで癒さ
れて、そうやって僕たちは優しさを
学んでいく。

 

優しさの大切さを知っていく。
優しい人は損をするとよく言われます。

それでも僕は優しい生き方を
大切にしたいと思います。

 

そして、いじめで傷付いて不登校に
なった、人が怖くなってしまった、
そんなお子さんも多いと思います。

 

不登校は辛いことばかり、傷付くこと
ばかりだと思ってしまうことも沢山
あると思うんです。

 

当時のボクもそうでした。

 

沢山傷付いて、人を信じること
が怖くて仕方なかった。

 

でもこの言葉に出会って怖いながら
も前に進むことができたんです。

不登校は認知されていても、
不登校の気持ちを理解してくれる
人はまだまだ少ないです。

お子さんも、親御さんも誰にも
気持ちを話せず苦しい思いを抱えて
はいなでしょうか?

 

 

もしそんな苦しい気持ちを一人で
抱えているのなら、その気持ちを
一度ボクに話して頂けたら嬉しいです。

 

今まで頑張ってきたその気持ち
を聞かせてください。

 

初回お試しカウンセリング詳細
↓  ↓  ↓
https://kazuhei1990-hutoukou.com/ac-do/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です