親子で幸せになる不登校セラピー
早川一平です。

 

以前、イチロー選手はこのようなこと
を話していたのがとても印象的でした。

 

『はっきりしているのは近道はない
 ということ、後で考えたら遠回りで
 これ省けたらよかったなーと思うこと
 は確かにある、でもそれは一番近いです』

 

この言葉を初めて聞いたとき僕はなぜか、
自分が不登校だったときのことを思い出して
いました。

 

人生において不登校はひどい遠回りを
してしまったと思っていたことがあった
んです。

 

遠回りどころか、もう追いつけない
ぐらい周りとの距離が開いてしまった
と思っていたのです。

 

でも振り返ってみたら、その遠回りの
道中で僕は大切なものと沢山出会って
いたんだということに気がつきました。

心の痛み、孤独の辛さ、人生について、
生きる意味、支えてくれる人の大切さ、
中学1年で考えるようなことではない
ことを沢山考えました。

 

考えすぎて、頭がパンクした日も
ある、孤独から逃れるために夜中に
楽しくもないゲームをしたこともある。

 

見えないのに痛い心の傷から逃れよう
と見える傷を作ったこともある。

 

誰からも理解されない苦しみに涙を
流したことも、消えてしまいたいと
思ったこともある。

 

そんな経験をしたからこそ、
同じ経験をした人の力になりたい
と思った。

 

たった一人でいいんです。

 

自分の苦しみや、心の痛みを理解して
くれる人に出会えるだけで人は癒され
前を向けるのです。

こればかりは、勉強で身につく
ものではありません。

 

経験しないと理解することはできません。

 

その大切さに大人になっても気づかず
生きている人も沢山います。

 

親御さんからすると不登校は人生の
遠回りに見えてしまうことは沢山ある
と思うんです。

 

みんなと同じように学校に行っていたら、
と思ってしまうことは沢山あるのではない
でしょうか?

 

ですが今こそがチャンスだと僕は思います。

 

こう考えてみてください。

 

『この子は不登校を通して人として
 どう成長できるだろう?』

 

不登校は多くの親子の方にとって
辛い経験だと思います。

 

人生にとって他の子供たちより
遠回りをしているのかもしれません。

 

ですがそれこそが実は近道です。

 

そしてイチロー選手はこうも言っています。

『全く失敗や間違えもなしで、そこに辿り
 着いたとしても深みは出ないですよ』

 

沢山のことを乗り越えていくことで、
人は人としての深みは増していきます。

 

今を考えることももちろん大切なこと
ですが、不登校を通してお子さんが
人として学べることは何でしょうか?

 

または、親子で不登校を通して
成長できることは何でしょう?

 

是非一度考えてみてくださいね。

親子で幸せになる不登校セラピー
早川一平

カウンセリングメニュー

不安や、焦りが軽減され心も軽くなる
お母さんのためのカウンセリングです。

お申し込みはこちら
⇒ 
https://kazuhei1990-hutoukou.com/price-reserve/

LINE@
友達追加はこちら
⇒ https://line.me/R/ti/p/%40dec2494n

Facebookグループ
愛知、三重、岐阜、
不登校の子をもつ親の居場所
⇒ https://www.facebook.com/groups/303903833812760/