【アダルトチルドレン】親の関心には2つある。「1、社会的関心とは?」

癒されながら心の傷 毒親 トラウマ
を乗り越えられる
プライオリティ自分軸カウンセリング

心理カウンセラー 早川一平です。

親の関心は、

1、「社会的関心」

・子供が社会の中でうまくいっているか?
 に関心がある。

2、「内面の関心」

・子供の心がとうかに関心がある。

 

この2つに分かれると言われています。

 

今日は、

「1、社会的関心」
について解説していきますね。

 

「1、社会的関心」とは?

 

親は子供が、
社会で通用する人間になれるか?
を一番に大切にしている場合です。

 

例えば、あなたが何かで悲しい、
辛い、思いをしたとしても、
その心には関心を示すことはありません。

「それぐらい我慢しなさい!」

 

「そんなことで泣いてたら立派な大人になれないよ!」

 

「私に恥をかかせないでね!」

 

このように子供の心に関心を一切示さず、
子供からみた社会ではなく、社会から
常に子供をみている親のことを言います。

 

もし、あなたがこのような親の元で
育ったのなら、ととても辛い思い
をしてきたのではないでしょうか?

 

このような育て方で育った子供は、
子供時代を過ごすことができず、
常に大人扱いをされて育ちます。

 

それは子供にとってとても辛いことです。

甘えることも、悲しいときに泣く
こともできないのですから。

 

イヤなことも、怒りたいことも、
自分の気持ちを抑えて、親のために
やっているんですから。

 

子供時代はとても大切です。

 

なぜなら人は無償の愛をもらうことで、
自分の存在を認識できるからです。

 

無力な自分でも、愛してくれる、
認めてくれる、受け入れてくれる。

 

この経験は子供時代にしかできません。

 

そしてこの土台が人生を生きる
上で、大きな支えになるのです。

辛いことがあっても、振り返れば支えがある。

 

それがあるだけで、人生を強く歩んでいける。

 

しかし、社会的関心が強かった
親の元で育った人は、この土台が
育っていません。

 

振り返れば待っているのは、
親の支えではなく、プレッシャーです。

 

甘えることも、頼ることもできない。

 

そして、社会性生活でも、
人に頼れない、甘えることができない。

 

そして気が付いたら、
対人関係に強いストレスを感じる
ようになってしいます。

「失敗できない。。。」

 

「頼ったらいけない。。。」

 

親との関係性で強く思ったことが、
社会生活の中でもあなたの心に影を
落とします。

 

では、

 

「このような親の元で育ったから
 私の人生は終わりなのか?」

 

そう思ってしまうかもしれません。

 

決してそんなことはありませんよ。

 

親が人生の土台を創ってくれなかった
なら、あなたはあなたの土台をこれから
創ればいいのです。

「今まで生きてきた人生を変えるなんて
 できるの?」

 

そう思うかもしれません。

 

可能です。

 

なぜなら未来はまだ誰にも分からないんですから。

 

あなたが、

「幸せな人生を生きたい!」

 

「親の影響を受けない人生をこれから
 歩んでいきたい!」

 

そう心から強く思ったとき、
人生の新しいトビラが開きます。

 

新しい生き方をするときは、
必ず恐怖、不安がつきものです。

 

一人で歩むには困難な道も多い。

 

だからこそ、僕が一緒にあなたが
安心して新しい人生を歩めるように
サポートをしたいと心から思っています。

 

「新しい人生のスタートラインに立ちたい!」

そう思ったときは、是非一度ご相談くださいね!

初回お試しカウンセリング詳細
↓  ↓  ↓
https://kazuhei1990-hutoukou.com/ac2/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です