080−6048−2717

(カウンセリングご希望の方は留守電にメッセージをお願い致します) : 営業時間 10:00〜21:00
【全国対応ZOOMカウンセリング】

【アダルトチルドレン 毒親育ち】自分が100%悪いと自分責めを繰り返してしまうあなたへ

癒されながら幸せになれる心の問題解決カウンセリング

 

心理カウンセラー 早川一平です。

あなたが本当に100%悪いのか?


対人関係で問題が生じた際、自分が100%悪いと自分責めを繰り返していませんか?

 

その結果、人と関わることが不安や恐怖を感じてしまい、うまく対人関係が築けない。

 

そんな不幸になる対人関係パターンにはまってしまいます。

 

今日はそのようなお悩みを抱えている方にオススメの方法を1つご紹介させて頂きます。

あなたに起きる問題は全てあなたが引き起こしている?


あなたに起こる問題は全てあなたが引き起こしている。

 

このような言葉を言われたことはありませんか?

 

ですがこれは本当にそうなのでしょうか?

 

問題の中にはどう考えても、相手が悪いということも沢山あります。

 

そのような現実があっても、全てを自分が引き起こしているというのは、とても残酷な話しだと思います。

 

この言葉を鵜呑みにしてしまうことで、とことん自分を責めてしまい、人生に自信が持てなくなってしまう。

その結果、うつ病や精神病などを抱えてしまう方もいらっしゃいます。

 

そのような辛い状態になってしまわないように、自分が悪かったところ、相手の悪かったところをしっかり分ける必要があるんです。

 

ですが、「あなただって悪いだろー!!!」

 

と直接本人に伝えることができるなら苦労はないですよね?

 

伝えることができないから辛いんです。

 

そんなときは、言葉をエネルギーにして相手に返す方法がオススメです。

言葉をエネルギーに変えて、相手に50%返す


自分自身にこんな質問をしてみてください。

 

「この問題は本当に私が100%悪いの?」

 

ご自身に質問して、「これは相手が悪いだろー」と思うことがで出てきたらボールを投げるようなイメージで投げてしまいましょう。

 

「これはあんたが20%悪いー!」、「これはあんたが10%悪いー!」

 

このように私が悪い50、相手が悪い50の状態にします。

 

とてもシンプルな方法ですがイメージをして相手に言葉にエネルギーに代えて投げ返すだけでも気持ちはスッキリします。

あなたの成長のためにあえて50%で止める


相手が100%悪いということもあるとは思いますが、あえて50%はあなたの成長のために残しておくことをオススメです。

 

成長とは、「違う選択肢を選べるようになること」です。

 

同じ問題が起きないためにどうしたらいいのか?

 

これを考えるためには、自分にもこんな問題があったから次は改善していこう。

 

これが成長なんです。

 

100%相手が悪いということにしてしまうと、成長のチャンスが失われてしまいます。

 

だからこそあえて50%は残して、成長する糧にしてしまいましょう。

それでも自分ばかり責めてしまう


やり方は分かったし、やってはみたけど自分責めがやめられない。

 

そのような場合は、一度カウンセリングを受けてみることをオススメ致します。

 

一緒に問題に取り組むことで今までは問題が起きるたびに自分を責めてしまっていた自分から、問題を成長の糧にできる。

 

そんなあなたになれます。

 

毎月5名様限定で、お試しカウンセリングを行っています。

 

ご興味がありましたら是非一度ご相談ください。

HPはこちら
↓ ↓ ↓
https://kazuhei1990-hutoukou.com/

アダルトチルドレン(AC)を克服したい方へ
↓  ↓  ↓
https://kazuhei1990-hutoukou.com/ac4/

毎月5名様限定初回体験カウンセリング
↓ ↓ ↓
https://kazuhei1990-hutoukou.com/price-reserve/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。