お子さんが不登校になると多くの
親御さんは、目の前の問題が本当の
問題なのだと思い解決方法を探します。

 

再登校を目指して親御さんがどんな
手を尽くしても、解決方法を探し、
実施してみてもうまくいかないのなら
問題の本質は違うところにあるのかも
しれません。

 

問題が大きければ大きいほど
その裏にかけれた本質は見えなく
なってしまうものです。

不登校というのはとても
大きな問題になってしまいます。

 

親から見ても子供から見ても
不登校はとても不安になって
しまう問題です。

 

では学校に行けるようになった
ら不登校は改善したと言えるのか?

 

理由の分かっている不登校なら
それで解決なのかもしれません。

 

しかし、明確な理由がない不登校の
お子さんには、学校に行けるように
なるだけでは問題の本質を解決した
ことにはならないと思うのです。

 

不登校という世間から見たら
大きな問題にとらわれてしまい
本当にお子さんが抱えている
問題が見えなくなってしまう
ものです。

 

僕は明確な理由がない不登校
でした。

 

その一人一人が抱えてしまっている
不登校の本質を解決することがとても
大切なことなんです。