親子で幸せになる不登校セラピー
早川一平です。

不登校になると、今までの生活のでは
考えることもなかったことを考えるよう
になります。

特に、中学、高校生のお子さんは、
自分自身のことで沢山悩む時期でも
ありますよね。

不登校になってもならなくても
沢山のこと悩む年代とも言えるでしょう。

ですが、悩みの向きが違うのです。

普通に通学しているお子さんが抱える
悩みは、外へ意識が向いています。

・周りからどう思われるか?

・周りに適応できているか?

など意識は自分に向いていません。

周りから見た自分になれるようになる、
でもなれない自分がいる。

それが悩みとなっていることが多いのです。

不登校のお子さんの場合は、
内側に意識が向きやすいでしょう。

自分の将来、自分の存在価値、生きる
意味などを悩みます。

『まだ子供なんだからそんなことを考え
 ても答えなんて出ないでしょう?』

そう思われる方も多いと思います。

ですが、とても大切なことなんです。

大切なことは、答えを出すことではなく
自分自身と向かい合うことなのです。

他人に合わせてばかりで生きていると、
なかなか自分自身を確立していくこと
は難しい。

いつも他人の目から見た自分こそが、
自分なんだと思ってしまう人も少なく
ありません。

ですが、中学、高校から自分自身
と向き合うことは、長い目で見ると
自分を確立するためにとても大切な
時間になります。

不登校になることも勇気がいること
なんです。

理由は様々でも、集団から外れる
恐怖は計り知れないものがあります。

この恐怖は経験したものでなければ
分からない気持ちかもしれません。

僕自身のお話しをさせて頂くと、
僕も不登校になり、昼夜逆転の生活
の中で自分自身と深く向き合いました。

ときには、パンクしてしまうそうな思い
からゲームをして気を紛らわし、また考え
るそんな生活だったんです。

ですが、今思うとこの時期に自分と深く
向き合うことができたことで、自分なり
の答えを出し、生きていく中で修正して
いく能力を身につけることができました。

僕の不登校だった友人たちも同じこと
を言っています。

あの時期に自分を向き合うことができた
から自分自身をちゃんと表現できているし、
他人に合わせて生きることもしていない
のです。

僕はそんな自分と向き合う時間が不登校
だと思っています。

親御さん自身もそうではないでしょうか?

お子さんの不登校がきっかけで、
ご自身の子育て、家族のあり方など様々
なものを見直し、向き合うきっかけに
なったのではないでしょうか?

それと同じだと思うのです。

ですが、一人で考えていると苦しく
なってしまうことも沢山ありますよね?

一人で考えることも、悩むこともとても
大切なことではありますが、誰かに話す
ことで、答えが整理され、新しい答えが
見つかることもあります。

僕自身、一人で自分と向き合い同じ
不登校だった友人に聞いてもらうこと
で整理し、自分を確立することができました。

僕はこの経験から、不登校の悩みを
お子さん、親御さん自身の成長に繋げる
ためにどうすしたらいいかを常に考え
カウンセリングをしています。

今現在、お子さんの不登校、ご自身の
お悩みを抱えている方は是非一度ご相談ください。

親子で幸せになる不登校セラピー
早川一平

カウンセリングメニュー

不安や、焦りが軽減され心も軽くなる
お母さんのためのカウンセリングです。
  ⇩    ⇩    ⇩
カウンセリングお申し込みはこちら
⇒ 
https://kazuhei1990-hutoukou.com/price-reserve/

ご質問などは、LINE@からお願いします。
   ⇩   ⇩   ⇩
LINE@友達追加はこちら
⇒ https://line.me/R/ti/p/%40dec2494n

Facebookグループ
愛知、三重、岐阜、
不登校の子をもつ親の居場所
⇒ https://www.facebook.com/groups/303903833812760/