080−6048−2717

(カウンセリングご希望の方は留守電にメッセージをお願い致します) : 営業時間 10:00〜21:00
【全国対応ZOOMカウンセリング】

【アダルトチルドレン 毒親育ち】対人関係で些細なことで体が委縮してしまうあなたへ

癒されながら幸せになれる問題解決カウンセリング

 

心理カウンセラー 早川一平です。

注意されただけなのに体が委縮してしまう・・・


仕事、恋愛、友人関係などで注意などをされただけなのに体が委縮してしまう。

 

そんなお悩みを抱えていませんか?

「ただ注意されただけなのにな・・・」

「私のために言ってくれてるのにな・・・」

頭では分かっていても、体が委縮してしまう場合このような原因が考えられます。

大人になった今でも親の言葉が心に残っている


これが原因であることが多いんです。

 

子供時代、親にこのような言葉を言われた記憶はありませんか?

お前はこんなこともできないのか?

なんで同じミスばかりするんだ!

お前は何をやってもダメだな!

このような言葉を言われ続けることで、心の傷になってしまいます。

 

そして心の傷は大人になり親から離れたとしても、あなたの心には残っているんです。

 

そんな事情を知らない人たちからは、

「関わりずらい人だなー」、「この人には何も言えないなー」

などと思われてしまうこともあります。

 

その結果、対人関係がうまく築けず、人と関わることも億劫に感じてしまう。

 

そんな不幸になる対人関係パターンが出来上がってしまいます。

 

そして、体が委縮してしまうときの感覚が、子供時代に感じていた感覚と似ているなら、今でもあなたの心の中には親の言葉が残っています。

とは言っても、「もう何年、何十年前のことだし・・・」

 

そう思われるかもしれませんが、言葉にはそれほど強い力があるということなんです。

 

ましてや親の言葉というのは、何年、何十年も幸せにしてくれる言葉もあれば、その逆に何年、何十年経っても心の傷として残る言葉もあります。

 

そしてその言葉の多くは、時間が解決してくれるものではありません。

 

むしろ長い間あなたの人生を苦しめてしまう。

 

子供時代だけではなく、今の対人関係にも大きな影響を与えてしまいます。

親の言葉から解放されるためには?


親の言葉からあなた自身を解放するために、一度カウンセリングを受けてみることをオススメ致します。

 

言葉から解放される方法はありますがどの方法が合うかは人によって違います。

 

合わない方法をやってしまうことで、余計に苦しみが増してしまったり、全く効果がないということもあるんです。

 

ですので、実際にカウンセリングを通して、あなたに合った適切な方法をご案内させて頂きいと思います。

 

毎月5名様限定で、お試しカウンセリングを行っていますので、ご興味がありましたら是非一度お申込み頂けたらと思います。

体験カウンセリングお申込みはこちら
↓  ↓  ↓
https://kazuhei1990-hutoukou.com/price-reserve/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です