親子で幸せになる不登校セラピー
早川一平です。

 

親はただ子供に幸せに
なってほしいだけなんです。

 

だから学校に行ってほしいと願う。

 

立派な大人や、一人前の大人
は人それぞれ違うけどそれでも
人並みに幸せになってほしい。

 

そう願うのでしょう。

 

お子さんが生まれたとき、
どんな子に育ってほしい
と思いましたか?

 

有名な大学に行って、立派な
大人になることを願ったでしょうか?

 

どうなってほしいと思いましたか?

 

多くの人がただ元気に育って
ほしいと願ったのではないで
しょうか?

元気に育ってくれたらそれだけ
で心は満たされていたことでしょう。

 

では、今はどうでしょう?

 

お子さんは赤ちゃんだった
あの頃と比べてできることも
沢山あります。

 

色々な期待をしてしまって
はいないでしょうか?

 

ただ元気でいてくれたら幸せ
だったあの頃と今は、違って
しまっていないでしょうか?

 

もしそうなら一度初心の
気持ちに戻ってみませんか?

 

お子さんの笑顔を、元気になる
ことを願い、考え行動してみる。

 

そんなこともまた大切な
ことなのだと思うのです。

親子で幸せになる不登校セラピー
早川一平