営業時間   : 10:00〜21:00
愛知県一宮市今伊勢町馬寄上町屋
名鉄 石刀駅より徒歩5分

児童期(4〜7歳)

児童期とは?
児童期に大切になってくることは、
『自主性』を育むことです。
そして、積極性、主体性、目的性
という側面もあります。

つまり、ここでいう自主性とは、
好奇心を持ち、自分から進んで
活動することをいいます。

遊ぶことが仕事
この時期の子供は遊ぶことが仕事なんです。
遊びの中で様々なことを学んでいきます。
遊びの中で、想像力、探究心などが
磨かれていきます。
たとえ遊びの中でうまくいかないこと
があったとしても、次の方法を考え、
想像します。
理想は友達と外などで遊ぶことが
とてもいいのですが、
今は外で遊ぶことが、なかなか安全に
できなくなってしまい、家で仕方なく
ゲームをやらせているなんてご家庭も
多いのではないでしょうか?

ですが、ゲームをクリアするにも、
いろんな能力を使っているんです。

戦略、発想力、難しいステージ
でも何度かやっていたらそれが
経験となり、いずれクリアできる。

人生も同じですよね?

遊びの中で自分の今の限界を知り、
目標を立て、その壁をどう乗り越え
られるかと創意工夫をしていくんです。

そういった経験が将来、自主的に
活動できるための基盤になっていきます。

遊ぶことができなかった子供たち
子供の頃に十分遊ぶことができなかった
子供たちは、大人になってから、ニート、
引きこもりになってしまう確率が高いんです。
遊べなかった子供は、自主性が育てる
ことができず、難しいことに立ち向かう、
創意工夫をして乗り越えていくという
ができません。
失敗することを恐れ、自分の可能性
を信じられず、何かに自分から挑戦
することを恐れます。
大人になると求められる能力は、
『自主性』です。
勉強と違い、答えが必ずあるもの
なんてありません。
その自分の答えを出す能力は、
この時期に遊びの中で育まれる
ものなんです。
児童期の子育てでお悩みなら
一度ご相談ください。
     ↓  ↓  ↓
お試しカウンセリングはこちら