営業時間   : 10:00〜21:00
愛知県一宮市今伊勢町馬寄上町屋
名鉄 石刀駅より徒歩5分

不登校、くじけてしまいそうなお母さんへ

親子で幸せになる不登校セラピー
早川一平です。

親子で幸せになる不登校セラピー
早川一平です。

不登校になると辛いのは、お子さんです。

 

ですが、その辛さと同じくらい
苦しんでいるのがお母さんなんです。

 

子供が不登校になって生活が変わって
しまう、世間の目も変わってしまう。

 

子供の日常が変わってしまう
のと一緒にお母さんの日常も
変わってしまうのです。

 

親として強い気持ちを持とうとしても、
一人の人としての弱さに気づき悲しい
思いに心は涙を流すでしょう。

誰かに相談したくてもそれは、
自分の子育てを自分で否定してしまう
ような気持ちにもなってしまう。

 

相談したとしても不登校を理解する
人はいても不登校の心を理解してくれる
人はまだまだとても少ないのです。

ですが、これだけは真実です。

『お母さんの涙は愛の証です。』

どうでもいい人のために人は
涙を流しません。

 

子供のために今苦しんでいるのなら
それも含めてお母さんである証です。

 

子育ては笑顔だけではありません。

 

笑顔も、涙も、苦しみも、その全ては、
紛れもなくお母さんが子供を愛している
証であることは忘れないでください。

親だからこそ不登校をどうしても
あげられない思いに苦しんでしまう
ことも沢山あるでしょう。

 

不登校もまぎれもない真実。

ですが、子供を愛するお母さん
の気持ちも真実です。

こんな言葉を聞いたことはないでしょうか?

『乗り越えられないことは人生では起きない』

僕はこの言葉はその通りだと思います。

 

僕もそうです。

不登校になって毎日苦しみ、悲しみ
が僕の心を暗闇で包んでしまった。

 

そんな僕が、今こうして、
不登校で悩む親子の方へセラピー
をやっているのは、そんな心に優しい
灯りを灯してくれた人たちがいたからです。

 

僕はその優しい灯りを次に引き継ぐ
ためにこのセラピーをやっています。

 

人は苦しいとき強い光を求めてしまう
ものです。

 

闇を全て消してしまうほどの強い光を。

 

ですが強い光の裏には、同じくらい
の闇ができます。

 

僕はそんな光は求めない。

闇と共存する暖かな優しい灯りを
お子さんとお母さんの心に灯して
いきたいと思うのです。

 

光も闇もどちらも僕たち人には
大切な自分自身なのですから。

カウンセリング


謎の腹痛、体調不良による不登校でお悩みの親子の方へ

⇒ https://kazuhei1990-hutoukou.com/happy/

お問い合わせ、ご質問はこちらから
公式
LINE友達追加
⇒ https://line.me/R/ti/p/%40dec2494n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です