【アダルトチルドレン】「親から受けた心の傷じゃなかったら・・・

癒されながら心の傷 毒親 トラウマ
を乗り越えられる
プライオリティ自分軸カウンセリング

心理カウンセラー 早川一平です。

 

「親から受けた心の傷じゃなかったら・・・」


多くの人は親から受けた心の傷を
隠しながら生きています。

 

「この心の傷が親から受けたもの
じゃなかったら少しは楽だったのに」

 

子供時代は親を嫌いになることは難しい。

 

子供は親に愛してもらえないと
自分が生きていけないことを
無意識に理解しています。

 

だから必死に、親の人生を
生きようとしてしまうのです。

「これが私のお母さん(お父さん)
これが私の家族の形なんだ」

 

そうして納得することで、
少しづつ心の傷を自分の中に
押し込めて傷なんてなかったように生きる。

 

他人から受けた心の傷なら、
恨むことも、憎むこともできる。

 

でも親から受けた傷は、
恨むことも、憎むことも難しい。

 

だからこそ、大人になった今でも、
アダルトチルドレンの人生に苦しむ
人が沢山いるのです。

 

「あんな親を恨めたら、憎めたら楽なのに」


僕のカウンセリングには、

「親を恨んでいます!」

「親を憎んでいます!」

そうお話しされる方が多くいらっしぃます。

 

ですがカウンセリングが進むにつれて、

不思議と、

「私は親を愛していたんだ・・・
 あんな親でも愛してたんだ」

 

そんなことに気がつかれるんです。

 

子供時代はみんな親を愛してる。

 

どんなひどい言葉を言われても、
理不尽な扱いを受けても、
親を愛しているから耐えてしまう。

 

耐えられてしまう。

「親がいつか変わってくれるはず、
 いつか私の気持ちを分かってくれるはず」

 

でも何年経っても親は変わらない。

 

とうとう好きでもいることが辛くなる。

 

「どんなに愛しても分かってくれない」

 

その思いが、恨み、憎しみに
変わってしまうのです。

 

親は他人とは違う。

 

他人であれば、
傷付けられたなら恨むことも、
憎しむこともできる。

 

忘れることだってできる。

 

でも親はそうはいかない。

 

恨み、憎しみの裏には、
愛があるから。

自分の中にある愛に
気付いた
とき心は癒される


 

僕はカウンセリングでこう
質問することがあります。

 

「親を愛していたから頑張った
 そんな過去の自分を今のあなた
 ならなんて声をかけるでしょう?」

 

多くの方は過去のご自身に
このような言葉をかけます。

「よく頑張ってきたね」

「偉いね」

「ありがとう」

 

おそらくこの言葉たちが、
その人が親から言ってもらい
たかった言葉たちなのかもしれません。

 

過去の自分に今の自分が当時、
言ってほしかった言葉をかけることで、
心の傷は少しつづ癒していくこと
ができるのです。

 

ブログだけでは全てをお伝えする
ことは難しいですが、よかったら
是非一度お試しください。

 

そしてより詳しく知りたい方は、
是非一度お試しカウンセリングに
おこしくださいね。

 

今日も読んで頂いてありがとうございました。

初回お試しカウンセリング詳細
↓  ↓  ↓
https://kazuhei1990-hutoukou.com/ac2/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です